不動産を相続するときのポイント

不動産を相続するときのポイント

不動産を相続するときのポイント 不動産を相続する際には、節税に結びつく方法を考えて実践することが重要なポイントになります。不動産は高額な資産であるため、節税対策をするとしないとでは税額が大きく違ってきます。ただし、相続税がかかるのは基礎控除額を超える部分だけですので、評価額が低い不動産の場合は税金の納付は不要です。
基礎控除額を超える部分がある不動産を相続する際には、小規模宅地等の特例の要件が満たされると税額が50%から80%減額します。小規模宅地等の特例が適用されるためには、土地の上に建物があることが絶対条件になります。よって、土地が更地のままだと税額が増えるため、生前のうちに更地の上に建物を建築しておくと残された家族の税負担が軽減します。更地に建築する建物は賃貸物件がおすすめで、賃貸物件だと小規模宅地等の特例で税金が大幅に軽減されます。また、建物が空き家の場合も税額が増えるため、生前のうちから空き家を賃貸に供しておくと税額が低くなります。

不動産相続後の「ウッカリ脱税」に注意

不動産相続後の「ウッカリ脱税」に注意 不動産を相続したときにはうっかりして脱税になってしまわないように注意が必要です。不動産というのは価格が高いことが多いですから、普通は納税など必要ないと思っているような人でも相続税がかかってくることがあります。サラリーマンなど、納税のことは基本的に会社が全てやってくれていたというような人はさらに要注意です。
ただしどんな場合でも課税されるわけではありません。基礎控除として、3000万円に加えて相続人の数に600万円を掛けた金額までは相続税がかかりません。例えば配偶者と子供2人であれば4800万円までであれば非課税となります。これを越えた部分にのみ、税率を掛け算して納税額が決まります。例えば越えた部分が1000万円以下であれば10%となっており、掛け算して100万円となります。このように、基礎控除を超えればたとえ10%といえども相続税がかかってきますので、うっかりして脱税ということになってしまわないようにしましょう。

新着情報

◎2018/5/8

不動産売買仲介業の歴史
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

不動産を相続するときのポイント
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

なぜインフレに強いと言われるのか
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

マンションの売却依頼のコツ
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

価値をあげるテクニック
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 相続」
に関連するツイート
Twitter

財政学、日本の税制:相続税→現金での納付が原則。ただし現金での納付が困難な場合には一定の条件下で不動産や株式などの物納が認められている。贈与税→資産課税・直接税。相続課税を補完する役割も果たしている。相続税も贈与税も超過累進課税制度を採用。

Twitter公務員試験対策bot5@koumuinbot5

返信 リツイート 4分前

相続人が亡くなってから10年後でも不動産の名義変更はできる?|よくわかる相続と遺言書のマニュアル souzoku-manual.work/souzoku-post/p… #川越市相続相談 #川越市相続手続き #遺言書 #相続 #相続 #終活 #行政書士

Twitter行政書士 鈴木順一(埼玉県川越市)@gyouseikawagoe

返信 リツイート 5分前

長男と2人で賃貸経営「家族でもめない」土地の託し方 mainichi.jp/premier/busine… この20年間、長男と二人三脚で不動産賃貸経営に取り組んできた82歳のFさん。自分の相続では長男にこの土地を託したい――。しかし、気になるのは、次男と長女の2人がそれで納得するかどうかです。

Twitter毎日新聞 経済プレミア編集部@mainichibiz

返信 リツイート 6:00

相続に関する問題は特殊な方だけの話ではありません、東京・神奈川・埼玉・千葉エリアでの相続不動産の問題の解決や対策なら相続解決ドットネットの不動産相続相談センターへ!! sozokukaiketsu.net

Twitter不動産相続相談センター@sozokukaiketsu

返信 リツイート 4:09

不動産投資は、相続税対策としても活用できる 投資目的で購入された不動産は、相続税対策として 役立つというメリットもあります。 ◎メリット  入居率が高ければ儲かる ◎デメリット  入居率が低ければ赤字  維持費がかかる  手続きがめんどくさい pic.twitter.com/zx1u1Iw2R7

返信先:@lalahearttwit他1人 私は親からもらう大事なものは、心と身体の体力だと思います。健康じゃないとやっぱりいい会社に入ってもハンデがある。都心のよいところに不動産もっていても、1つじゃだめ。兄弟で分けるんだし、相続税とられるから、一生遊んで暮らせるものを遺せる日本人はそう多くないはず。

TwitterYoko Umeda⚾️勝利投手(昭和62年度文藝賞)Amazon電子化!@yokoumeda

返信 リツイート 2:17

親子3代 伊勢市の不動産屋です。 相続で困らない為に。 何でもお気軽にご相談ください。 (株)栄ハウジング sakae-ise.co.jp

返信先:@yokoumeda他1人 たしかに都心の良い場所に親が土地付きの不動産持ってると子は相続で貰えるよね。 だけど今時は親は長生きだから、90代まで生きたら子も60代くらいで。 そんな高齢になってからもらってももう人生終わりかけ。 親からもらう大事なものは一番には知力と思う。生まれた時から使えるもんなあ。

他人の不動産を自己の所有とかしつなく信じたAが死亡してBがAを相続し、さらにCがBを相続した場合、その不動産が他人の所有であることをC自身が知っていても、ABCの占有を通算して10年を超えれば、Cは、短期取得時効を主張することができる。

Twitterジャンピングニーパッツ@bomMchO314

返信 リツイート 1:53

返信先:@jpsinger1 不動産投資はまだ自分では大きいのはやってませんが、しっかり理解すればギャンブルではありません。 ただ、今はあんまりお勧めしない時期かなぁって感じですね。お金が余ってしょうがなく、相続税が半端ない人がするのは分かりますが、不動産投資に関しては掘り出し物が来た時くらいですね。